2014年1月26日日曜日

123D Catchにチャレンジ〜ダルマを3Dキャプチャーしてみた〜

Autodesk 123D Catchというサービスをご存知でしょうか?
iPhoneのカメラを使って、簡単に3Dモデリング(?)ができる
という、そういうことらしいのですが

まずは、オフィシャルの動画をご覧ください。




とりあえずやってみた


アプリはこちらからダウンロード
http://www.123dapp.com/catch
https://itunes.apple.com/jp/app/123d-catch/id513913018?mt=8

センサーでものの周りを360°回るのを感知しているので
ものをまわしながら撮ってもダメで
自分がものの周りを動いてとります。

Let's Capture!!


こいつらをキャプチャーしてやる!

左上:飛騨高山で買ったドラゴン
右上:友人からもらった多肉植物
   ハオルチアちゃん
手前:ミニダルマ











2段階の高さで、2周撮影します。
高さはスマホの角度で検知しているみたいですね。




こんな感じで、ぐるっと一周写真をとります。
円形のガイドがでるので分かりやすいです。

 

2周目は、ちょっとガイドの数が少なくてなります。
とり終わったら右上のチェックボタンを押すとサムネイルが出ます。
気に入らない角度の写真を再撮影することも可能
submitを押すとデータが送信されて処理がはじまります



処理中に別のもののキャプチャーも可能です。

完成までは、結構時間かかります(10〜20分くらい)
iPhone 4Sなので、遅いんだと思います。。。
Wifiがつながってないとアップロードがとまります

できあがったキャプチャーをiPhone上でいじってる様子





Autodeskのサイトの自分のページにアップロードされている!!

















このマイページから自分のキャプチャーをシェアすることもできます
ということで、これが、出来上がったキャプチャーです。
是非、あなたもぐりぐりしてみてください!

※3D Viewというボタンを押してしばらくするとぐりぐりできます。

多肉植物ハオルチア


ドラゴン

そして、ダルマ!


いや〜、楽しい!

関連リンク


しのジャッキーの雑記~ブログ: もの作りって想像するだけでワクワクする@MAKERSに魅せられて

2014年1月25日土曜日

もの作りって想像するだけでワクワクする@MAKERSに魅せられて


MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

クリス・アンダーソン NHK出版 2012-10-23
売り上げランキング : 1172
by ヨメレバ


いまさらですが、ビジネス書大賞2013で4位だった
MAKERSを読んだ。

ビジネス書大賞
第4位



著者の過去の有名な2冊は読んでいないが、

ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

もはやどちらも当たり前のムーブメントになっていて
この世界観が近い将来くるのだろうと思わされる
というか、心がワクワクした

自身のおじいさんのスプリンクラーの特許のエピソードからはじまり
自分の子供に、もの作りの楽しさを知ってもらおうと買った
レゴとラジコン飛行機だったが、子供でなく自分が夢中になり

ついには、まさにこのメイカーズ・ムーブメントの「中の人」となり
実際に、3Dロボティクスという自動操縦飛行模型をつくる会社を立ち上げる

3DRobotics | UAV Technology - 3DRobotics Inc
オフィシャルサイト



クリス・アンダーソンのメイカー企業「3D Robotics」訪問記 « WIRED.jp
WIRED編集長を辞任!



彼自身がMAKERSになるプロセスを描く自叙伝であるとともに
その中での学びを時代のパラダイムシフトとして描く

いま我々は、もう逆戻りしない大きな時代の転換期のまっただ中にいる
思わずそう思わされた。

もう、遅い?
いや、まだ遅くない。

MAKERSな関連記事

しのジャッキーの雑記~ブログ: Makers入門(八木さん講演より)
しのジャッキーの雑記~ブログ: 八木さんは、夢は周りに語る方ですか?
しのジャッキーの雑記~ブログ: Fab Cafeでカキモリのノートを作りました


MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

クリス・アンダーソン NHK出版 2012-10-23
売り上げランキング : 1172
by ヨメレバ

2014年1月19日日曜日

自分の多様性を高めるには@BBT大学院教授/元国税庁長官 大武健一郎の講話メモ

BBT大学院特別公開セミナーに参加してきました。

これからのビジネス環境に欠かせない3つの条件
 ~ あなたの方向性を決める、時流の見極め方【大武健一郎教授 特別講演】



登壇のBBT大学院教授/元国税庁長官 大武健一郎さんは

大武健一郎 - Wikipedia

によると2004年、小泉政権の際に
国税庁長官をつとめてらした方のようですね。

ベトナムに複式簿記を普及される活動をされている
というのも面白いですね。

特にパワポなどはなく、以下のレジュメに沿って
講話を2時間程度聞いて、たっぷり40分程度の質疑
その後、1時間程度、コーヒー・お茶&軽食での交流会
という流れでした

<レジュメ>

1.人生設計の見直しが迫れている
  ― 長寿化・健康寿命・家族状況
2.グローバル化とリージョナル化
  ー IT革命・溢れたマネーの行先・進む不平等化
  ― グロバール化とリージョナル化が同時に進む
3.新しいビジネスの構築
  ― 変化の時代ことビジネスチャンス
  ― 超高齢化と環境問題を活かす
  ― ASEANビジネス
  ― 日本、日本人の特殊性を活かす

印象にのこったこと雑記


EUは軍事目的

EUは対ロシア構想であり、とても軍事的なもので
ギリシャを必死で守った理由は、
地政学的に、ロシア側からみたらヨーロッパへの出口にあたるから

日本は水資源大国

水域面積世界6位、体積では3位
深海域の研究などをもっと進めるべき
★海に囲まれた国とは、当然思っていたが
 こういった統計は初耳だった。

深海といえば、「しんかい」
高井研さんの講演も、ほんと面白かったな。
あれから1年か
公私混同の再定義(2)/JAMSTEC 高井研講演

文化・芸術に注目

エジプトのピラミッドも、中国の万里の長城も
今に過去の遺産としてはすごいかもしれないが
伊勢神宮の遷宮の様に、古くからの文化がその意味もはっきりと
今に伝え残されているのは日本くらい

グローバル化のコミュニケーションでは言語も重要だが
相手国の文化・芸術を理解することも重要であり
特に、絵画が大切。

★これは、国家の品格を思い出したなー
英語なんて教える時間があったら
日本の歴史・文化をしっかり教えよう、と

国家の品格 (新潮新書)

藤原 正彦 新潮社 2005-11
売り上げランキング : 3464
by ヨメレバ

以下、Q&Aやらなにやらで


・多様な人と分かり合う方法についてのアドバイス
 自分自身の価値観をはっきりすること
 一緒に何かすること
 アナログの付き合いを大切にすること
 聞く/聞かせていただく

・仕事だけでなく”あそび”を入れよう
 文化・芸術への理解を深めるためには?というしのジャッキーからの質問をうけ
 やはり現地現物、時間を「作って」、美術館などに行くこと
 そして、ガイドはちゃんとかりて聞こう。
 =>最近、美術館、美術展いってないなぁ〜。

・信頼できる友だちをたくさん作ろう
  BBTUは「何かやりたい!」という人が集まっていて視点があっている

★たしかに、自分のやっている「ゆるたまの会」が続いているのも
 きっかけとなったBizCOLLEGE Premiumセミナーに集まった人たちが
 新しい仕事術や、自分の今の状況を変えたい!と思っている人たちだった
 というのが大きいと思う。

・ベトナムのことわざ
 日本人には一対一なら勝てる、四対四なら絶対勝てない
★チームワークに関して、ベトナムの人は協調性がない、ということ、とのこと


しのジャッキーこぼれ話というか所感


この後、知り合いの方と、セミナーに参加していた方3名をお誘いして
同日に予定していた、ゆるたまの会の新年会へ
こういうところで、出会った人もつながりを維持していくのに
交流会を一つ持っておくと良いですね。

あとは、やはり、自国の文化や歴史の理解への時間の投資というのも
増やしていかんとな。昨年はたくさんビジネス書を読んだ

2013読書振り返りで読書メーターがすっかりお気に入り

2012年は、以下「そうだったのか!」シリーズをいくつか読んで
とても面白かったので、今年はこういうのを読み返すとともに

そうだったのか! 日本現代史 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)

池上 彰 集英社 2008-12-16
売り上げランキング : 3306
by ヨメレバ

読みたいビジネス書が山積みになっているけど
もっと文化・芸術に関する理解を深めるための
本を読むというのも、組み込んでいくんが良さそうだな。

と自分の多様性を高めていく投資について考えたのでした。

以上

2014年1月16日木曜日

2013読書振り返りで読書メーターがすっかりお気に入り

2013年の読書のまとめという機能が
愛用のサービス読書メーターにありました。
このサービスはまだ、使い初めて1年なのですが
これで惚れ直しました。

以下にアクセスしていただくと分かるのですが
2013年しのジャッキーの読書メーター

一年間の読書のデータが
ばばば〜っと一覧化されてみれるのです
ほら、観てください

これが、累計データや平均データ







お恥ずかしい話ですが、これまでそんなに本を読んでこなかった人間です
加えて、これまの人生で読んだ本の冊数など数えたこともないですが
恐らく、人生で一番本を読んだ年、2013です

こちらは、著者名と読んだ冊数による著者グラフ



なるほど、確かに、三枝さんと、瀧本さんの年でした。

さて、こちらが、一年間の読書冊数の分布

















悩むと本を読む


後半戦から、怒濤の勢いで読書冊数が増えているのが一目瞭然!
特に8、9月は、BBTUに入るか否かの悩みの時期で
そういうときって、本をぐわーっと読んで
実際、BBTUの単科が始まった10月はそちらに重点をシフトして
読書数がガクンと落ちているのが面白いですね。

読書記録の中にも人生が詰まっています

さって、せっかくなので
以下に、本の一覧と一口コメントやら、
ブログ関連記事のURLやらを
月ごとに一覧化してみました。

皆さんが読んだ本もあるかしら?

1月(1冊)

社会的共通資本 (岩波新書)

宇沢 弘文 岩波書店 2000-11-20
売り上げランキング : 11268
by ヨメレバ
読了日:1月16日

2月(2冊)

2〜3月に、三枝さんのビジネス小説3連ちゃん
人生変わります。
V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)

三枝 匡 日本経済新聞社 2006-04
売り上げランキング : 696
by ヨメレバ
読了日:2月10日


戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

三枝 匡 日本経済新聞社 2002-09
売り上げランキング : 965
by ヨメレバ
読了日:2月25日

3月(1冊)

経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

三枝 匡 日本経済新聞社 2003-03
売り上げランキング : 10003
by ヨメレバ
読了日:3月23日

4月(0冊)

読了本なし!

5月(1冊)

(日本人)

橘 玲 幻冬舎 2012-05-11
売り上げランキング : 74347
by ヨメレバ

某メディア系企業の社長の方に
薦められて読んだのですが。とても面白かった
日本人論に関する本。
読了日:5月5日

6月(2冊)

絶対達成する決断力のつけ方――意思決定が速くなる「ノイズキャンセリング仕事術」

横山 信弘 ダイヤモンド社 2013-05-31
売り上げランキング : 11673
by ヨメレバ
読了日:6月6日
横山さん自体については、折に触れて話題してますが
本についてと、ノイズキャンセリングとか
ブログに取り上げてないな〜。


「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ

鈴木 博毅 ダイヤモンド社 2012-04-06
売り上げランキング : 4580
by ヨメレバ
読了日:6月27日
これは、さくっと読めたけど、かなり面白かった。
戦争から学ぶべきことが一杯ありますね。

7月(3冊)

スタンフォードの自分を変える教室

ケリー・マクゴニガル 大和書房 2012-10-20
売り上げランキング : 102
by ヨメレバ
読了日:7月22日
ゆるたま)アーリーアダプターのありがたさ@実践型読書会

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

マーカス バッキンガム,ドナルド・O. クリフトン 日本経済新聞出版社 2001-12-01
売り上げランキング : 97
by ヨメレバ

この本も私の人生を変えたと思う
ストレングスファインダーの結果
ストレングスファインダー的自己紹介(弱みじゃなくて、強みを活かせ!)

ライトニングトーク(略してLT)をして学ぶプレゼンテクニック

読了日:7月26日

8月(4冊)

人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか

西條 剛央 ダイヤモンド社 2012-02-17
売り上げランキング : 43392
by ヨメレバ
読了日:8月11日

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体

田端信太郎 宣伝会議 2012-11-12
売り上げランキング : 5317
by ヨメレバ
読了日:8月15日
[読書メモ]Media Makers(田端信太郎)

メディアの本質は得体の知れない尊敬と信頼
 〜ポドキャストの見える化でホンタナの魅力に迫る〜

ホンタナというメディア


脳科学がビジネスを変える―ニューロ・イノベーションへの挑戦

萩原 一平 日本経済新聞出版社 2013-02-19
売り上げランキング : 2160
by ヨメレバ

[読書メモ]脳科学がビジネスを変える(ニューロ・イノベーションへの挑戦)


音楽ビジネス革命‾残響レコードの挑戦‾

河野 章宏(残響レコード社長/te'ギタリスト) ヤマハミュージックメディア 2010-05-25
売り上げランキング : 43701
by ヨメレバ
読了日:8月21日

9月(7冊)

企業参謀―戦略的思考とはなにか

大前 研一 プレジデント社 1999-10-29
売り上げランキング : 3912
by ヨメレバ

BBTUの単科入学悩んでましたが、この本の内容で
勝手に頂いていた大前さんへのあまのじゃく感覚を払拭しました。
読了日:9月2日

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?

エリヤフ ゴールドラット,三本木 亮 ダイヤモンド社 2003-10-31
売り上げランキング : 11080
by ヨメレバ
やはり、ビジネス小説はおもしろい!読了日:9月6日


伝える力 (PHPビジネス新書)

池上 彰 PHP研究所 2007-04-19
売り上げランキング : 348
by ヨメレバ
(読書メモ)伝える力/池上
読了日:9月9日

犬と鬼-知られざる日本の肖像-

アレックス・カー 講談社 2002-04-25
売り上げランキング : 71475
by ヨメレバ
読了日:9月19日

海賊とよばれた男 上

百田 尚樹 講談社 2012-07-12
売り上げランキング : 41
by ヨメレバ
読了日:9月25日
いやー、想像以上に面白い。感動しつつ歴史を学べるのもうれしい。
それにして組織論に感動する。おもわずビジネス書同様、
付箋を貼ってしまった(苦笑)


海賊とよばれた男 下

百田 尚樹 講談社 2012-07-12
売り上げランキング : 34
by ヨメレバ
読了日:9月30日
妻が友人から借りて、そんなに期待もせず読み始めたのですが、
夢中になってあっと言う間に読んでしまった。
この時代の人たちの苦労は並々ならぬもので、
豊かになった代償に国民が弱くなってしまったな、
なんていうジレンマを感じてしまった。

10月(2冊)

経営学を「使える武器」にする

高山 信彦 新潮社 2012-05-18
売り上げランキング : 29900
by ヨメレバ

企業への経営戦略の研修がどのようにやられているのか
実例も含めて語られておりとても面白かった。
読了日:10月7日


経営の神は細部に宿る

清水 勝彦 PHP研究所 2009-05-21
売り上げランキング : 236845
by ヨメレバ


11月(5冊)

武器としての交渉思考 (星海社新書)

瀧本 哲史 講談社 2012-06-26
売り上げランキング : 2999
by ヨメレバ

いや〜、しびれた!
”若さゆえの無茶な行動、無謀な交渉が、世界を変える”
やってやろうじゃないの!という気にさせられました。
瀧本さんにはまたしてもスイッチを押されたな。

交渉する力〜やりたい仕事、属したい組織がなければ、自ら創るしかない



読了日:11月13日
http://shinojackie.blogspot.jp/2012/11/log.html

V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)

三枝 匡 日本経済新聞社 2006-04
売り上げランキング : 696
by ヨメレバ

こんなにビジネスパーソンの胸をアツくさせる小説があるだろうか。
再読してまた、ぐっときてしまった。
読了日:11月23日
shinojackie.blogspot.com/2013/11/v.html

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

アレックス・オスターワルダー,イヴ・ピニュール 翔泳社 2012-02-10
売り上げランキング : 2304
by ヨメレバ

持ち運んで読む大きさじゃなく時間を要したがやっと読み終わった。
とても美しい本で、まるでアートブック。
新しく取り組みだした仕事でさっそく実践してみたのでブログに書いてみた

実践!ホテルでビジネスモデルジェネレーションxBBTU@A4用紙 http://shinojackie.blogspot.com/2013/11/a4.html
読了日:11月24日

世界を変えるITクリエイターの力

武井信也 幻冬舎 2013-11-01
売り上げランキング : 169075
by ヨメレバ

無い物ねだりよりもセルフストレッチ!ギークの本で我おもふ
http://shinojackie.blogspot.jp/2013/12/blog-post_2527.html
読了日:11月24日

僕は君たちに武器を配りたい

瀧本 哲史 講談社 2011-09-22
売り上げランキング : 721
by ヨメレバ

ハーバード白熱日本史教室 (新潮新書)
北川 智子 新潮社 2012-05-17
売り上げランキング : 107408
by ヨメレバ

読了日:12月7日




「日本の経営」を創る

三枝 匡,伊丹 敬之 日本経済新聞出版社 2008-11-22
売り上げランキング : 7372
by ヨメレバ

経営に関わる学者と実務者の魅惑の対談。三枝匡さんのビジネス小説三部作を、すくなくとも「V字回復の経営」を読んでからの方が楽しめると思う。 それにしても相当にハイレベルな会話。互いが対話しながら学びあい、引き出し合っている。この本の中で、「日本の経営」に関する「具体策」が提示されている訳ではない、というのはあとがきで伊丹氏も指摘しているが、エッセンスや、考え方、学ぶ姿勢、多くの気づきがある良著でした! http://shinojackie.blogspot.jp/2013/12/x.html
読了日:12月29日

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...