2013年11月24日日曜日

実践!ホテルでビジネスモデルジェネレーションxBBTU@A4用紙

怒涛の一週間が過ぎた
新しい商材に関して取り扱うことになり
現地で、これまでその商材に取り組んでいたエンジニアに
べったりで、ヒアリング、顧客訪問
次から次へと入ってくる情報をひたすらメモメモして
頭がパンパンになった


さぁ、週末
さっそくBBTU問題発見思考を
実践で試すときがきた!、と

ヒアリングした情報をポストイットに書きながら
ホテルの壁に貼っていっていました

問題発見思考的に、大きいとこから小さいほうへ
市場→競合→自社
の順番でまとめていき


かたまりでくくって、「ようは、なになに」
要約してまとめていき、

最終的に事実に裏打ちされた
ソリッドな分析結果を導き出す
予定だったのだが

そもそもの情報の粒度がバラバラだし
現段階では、予想や想定なども含めて
週末のうちに、状況まとめあげた上で
いま打てる、戦略の方向性や本社側の製品部門へ
要求事項などを整理する必要があった。

まだ、問題発見思考のプログラムでは
フレームワークや論理的思考などの項目にたどりついていなかったため
武器がたりないようだ。

そこで、ちょうど、読んでいる最中だった、

ビジネスモデルジェネレーション

を使ってみることを思いついた。

その中でも、肝となる「ビジネスモデルキャンバス」が
情報を整理して見える化するための軸になるのではないか?
と思ったからだ。ようは、フレームワークとして使おうと思ったのです。
ビジネスモデルキャンバスについては、以下、訳者の解説Youtubeをご参照



ビジネスモデルキャンバスは以下からダウンロードできます。
http://www.businessmodelgeneration.com/canvas























 ビジネスモデル・キャンバスは、以下9つのブロックでできています。

 1)顧客セグメント(CS:Customer Segment)
 2)価値提案(VP:Value Proposition)
 3)チャネル(CH:Channel)
 4)顧客との関係(CR:Customer Relation)
 5)収益の流れ(RS:Revenue Stream)
 6)リソース(KR:Key Resource)
 7)重要な活動(KA:Key Activity)
 8)パートナー(KP:Key Partner)
 9)コスト構造(CS:Cost Structure)

可搬性も考慮して、ホテルの壁に貼ったのはまずかったな、といまさら気づき、
ビジネスモデル・キャンバスの各ブロックをA4用紙で代替
それに、付箋を貼り戦場をホテルの壁から、床へ移した


上段の5枚(左から)
1枚目   パートナー(KP:Key Partner)
2枚目上  重要な活動(KA:Key Activity)
2枚目下  リソース(KR:Key Resource)
3枚目   価値提案(VP:Value Proposition)
4枚目上   顧客との関係(CR:Customer Relation)
4枚目下  チャネル(CH:Channel)
5枚目   顧客セグメント(CS:Customer Segment)

下段横向き2枚(左から)
・コスト構造(CS:Cost Structure)
・収益の流れ(RS:Revenue Stream)



しかし、どうも、これらのブロックにマッチしない情報があり悶々としてきた。
しょうがないので、ビジネスモデルジェネレーションを読み返すと、

Designの項目にある「共感マップ」をつかうと
実際の顧客訪問の際に得られた、案件情報・顧客情報などの
こまごまとした情報をまとめることができた


共感マップについてはこちら
ファンが共感する6つのポイントがわかる「共感マップ」の簡単な利用法
http://column.socialmedia-rex.com/2013/08/000713.php

そしてStrategy(戦略)という項目で

ビジネスモデル・キャンバス全体を
取り巻く四つの視点

 ・市場分析(市場における圧力)
 ・競争分析(産業における圧力)
 ・未来予測(重要なトレンド)
 ・マクロ経済学(マクロ経済の圧力)

での分析が説明されており
それに沿って、情報を整理

さらに、ビジネスモデル・キャンバスの各ブロックに対して
SWOT分析を組み込むという
目からウロコな手法が繰り出され

各ブロックを割り当てたA4用紙内を四分割して考え
付箋を、Strengths, Weaknesses, Opportunities, Threats
と割り振っていくと、さらに視点は広がり付箋は倍以上に増えていった

そして、ホテルの床にジェネレートされた
ビジネスモデルは最終的には、こんな感じになった


















上段の6枚は
左のから4枚が、ストラテジーで説明されている4つの視点の分析
 ・市場分析(市場における圧力)
 ・競争分析(産業における圧力)
 ・未来予測(重要なトレンド)
 ・マクロ経済学(マクロ経済の圧力)

5枚目は
 ・ヒアリングした案件・顧客情報

6枚目は、その中で顧客訪問できた案件についてペルソナ的に共感マップにまとめた
 ・共感マップ

さて、あとは、これらに問題発見思考
「ようは、なんやねん」を各ブロック・視点に適用して
数枚のパワポににまとめ上げればとりあえずは
週明けの打ち合わせは何とか乗り切れそうだ。

いやはや、しかし、初めてのビジネスモデル・ジェネレーション
リアルに丸一日かかってきてしまったが、慣れてくれば
情報を整理し、表現する強烈なツールになりそうな予感!



ランキング参加中。よければポチッと



韓国)竹田駅周辺おしゃれなカフェが立ち並ぶエリア

大学の研究室の頃の韓国人の先輩の家を訪ねて
韓国は京畿道(キョンギド、경기도の竹田駅(죽전역、チュクチョンヨク)というところまできた
キョンギドは、ソウル市を取り囲む地域のこと

出典:KONESTより

竹田駅は、龍仁というところ
駅前には、新世界百貨店とe-mart(大型スーパー)が
駅ビルとして大きく立っていた(どちらも新世界系列)

日本でいうところの、多摩ニュータウンといった感じか
大きな団地が、たけのこのようににょきにょき生える様子は
中国でもそうだったなー


<新世界百貨店からの景色>

最近の韓国の物価もあがってきててか
百貨店の品揃えも日本に似た感じだし
価格も結構高いです。

ソウル市内に宿泊していたので
こんな感じで行きました。

5号線 汝矣ナル駅 
盆唐線 往十里駅 
盆唐線 竹田駅
竹田駅

乗り換え一回で、ずっと座ってられたので
読書にぴったりの時間でした。一時間半くらい
地下鉄なので、景色はあまり楽しめないのが残念。

喫茶店には入らないのですが、こういったカフェが軒を連ねる雰囲気は
きれいでいいですね。落ち葉の感じもなんともいいです。

先輩も、大学のときのまんまでしたが
子どもが生まれて、だんなさんも優しそうな人で
幸せそうで何よりでした。

娘さんは、うちの娘と同い年というのも
なんか、感慨深いな~




ちょうどクリスマスシーズン、新世界百貨店のケーキがかわいかった。




場所はここらへん↓です。
駅から右下のほうにある
宝亭道カフェ通り





大きな地図で見る


ランキング参加中。よければポチッと



2013年11月23日土曜日

出会い)ビジネスパーソンの心をアツくさせる経営戦略小説の決定版~V字回復の経営/三枝匡~

三枝匡(ただし)さんの「V字回復の経営」を読んだのは
ちょうど2012年の冬だった。





BizCOLLEGE Premiumセミナーという日経BP主催のセミナーにでて知り合った方々と
Facebookのメッセージのやりとりをしている中で、経緯は覚えていないが

物語には力があるといった流れになって

Iさん「たとえば、三枝匡さんとか?」
Sさん「そうそう、V字回復の経営なんてバイブルです」

といったような会話が繰り広げられ

「なんだ、三枝匡って?
 そもそも、匡ってなんて読むんだ、
 さえぐさ・はこ

 。。。ググる

 お、ただし

 ビジネス小説といったら、The Goalだろ。

 でも、この二人がすごい、というからには期待を裏切ることはないか」

って!
すごいなんていうものではない、ってこれ

Sさんの言葉を借りると

「100冊読んで1冊あるかないかの本」

まさに。

1ページめくるたびに、自分の会社のことを言っているのか?
と錯覚を覚えるほどのリアリティーで迫りくる
日本企業が冒された病魔が暴かれてゆき

書籍中で「強烈な反省論」と表現されたカルテが出来上がってゆく
現場の様々なステークスホルダーの心情の葛藤を描く
現状を変えたくないという現状バイアスをいかにして改革していくか
これは研修などのケーススタディーでは絶対学べない実学のドラマ

物語の感動性は、たとえるならプロジェクトX的
実は、2013年11月。1年ぶりに読み返した。
またしても目頭をアツくした
そして元気をもらった。

この一年いつも心の片隅にこの本のドラマがあある
そして自分の力の無さを思い知る日々
はがゆい

しかし、社会に出た。会社に属した。
このドラマに出会った。
私は、このドラマの一員になりたい
そう思った。

今自分にできることは
学ぶこと、仕事にめげないこと。すねないこと。

悶々とするすべてのビジネスパーソンに是非読んでみてもらいたい
あなたの会社の改革に備えて

明日、思い切って、
上司に渡してみよう
「V字回復の経営」

<参考リンク>
The Goalについては、かつて、「ホンタナ」というPodcastで熱く語ったことがある
今聞いてみると結構恥ずかしい(苦笑)

2012.6.26 ビジネスに効くホンタナスペシャル
http://hontana.blogspot.kr/2012/06/2012626.html

<この投稿と関係のある投稿>
新入社員におすすめした書籍
セミナーメモ:ダイヤ精機の諏訪貴子社長に「チーム力で最強の町工場を目指す」

  

ランキング参加中。よければポチッと


2013年11月10日日曜日

語るカタルタ@アイスブレイクにいいかも

みなさん、カタルタってご存知ですか?
まずはこの動画をご覧ください。



見た目はトランプなのですが
すべてのカードに、別々の前置詞が書いてあり
それを使って、この動画では、
「昔々あるところにおじいさんとおばあさんがいました〜」
と昔話の定番フレーズからはじめて

カードをめくりながら、その前置詞に従って
交互にストーリーを作っていくという内容です。

製品ホームページの説明では
「カタルタ」は、発想力を高め、コミュニケーションを豊かにするカードセットです。発見を促し、視点を変えるスキルを育てます。対話や思考をゲーム化するため、仲間や初対面の人との対話はもちろんのこと、自己との対話にも新しい発見をもたらします。“語り”を“遊び”に変え、“遊び”を“インスピレーション”へと導くツールとして開発されました。 
引用元)カタルタ

と説明されています。

ハイ・コンセプトという本の中で
これから求められる「6つの感性(センス)」として
 1.機能だけでなく「デザイン」
 2.議論よりは「物語」
 3.個別よりも「全体の調和(シンフォニー)」
 4.論理ではなく「共感」
 5.まじめだけでなく「遊び心」
 6.モノよりも「生きがい」



があげられており、
これって、「生きがい」以外は
カタルタのコンセプトは通じるな、と思ったのと

ゆるたま(=>こちら)という異業種交流会のFacebookグループのやりとりで
カタルタをやったという方が、とても面白かった、という話も聞いていて
送料込みで2,785円という価格に、ちょっとためらっていたのだが買ってみた。
中身はこんな感じ




<内容物>
カタルタ本体
ちょっとした使い方シート

輪ゴム2つ










実際に、妻と、「むか〜し、むかし」の昔話ゲームをやってみたのだが
自分の「物語力」の無さを痛感する結果となりました。

冒頭のyoutubeの動画のようにうまく落ちまでつけるなんて
とてもじゃなくて、できなくて。
この予定調和や自分の発想で自然にでてくる以外で
考えるというのは、脳みその普段使わない部分を使う感じ
新しいシナプスがつながるぞ的な面白さがありました。

勉強会やセミナー、研修などのアイスブレイクにも適してそうですね。
実際に、異業種交流会「ゆるたまの会」で名刺交換
という自己紹介に使う方法を試してみました。
また、今度それについても書いてみようと思います。
=>名刺交換の使い方ははこちら

ちなみに、このカタルタはCampfireというクラウドファンディングで
57名から250,500円の支援金を集めて、制作されたというのも面白いですね。

Campfireでの出資募集のページ
アイデア出しの"産みの苦しみ"を"楽しみ"に変えるカードセット「カタルタ」

クラウドファンディングについては、以前記事を書きましたので、ご参照
=>雲の向こうから、いや群れの中からお金がやってきた!
 ~クラウドファンディングはだれのもの?~
=>まずは、世に出してみるということか。@記事を寄稿して

ランキング参加中。よければポチッと



2013年11月8日金曜日

スキル会社依存度を下げるべし

ときどき、投稿するBizCOLLEGE Premiumへの寄稿記事(私の記事はこちら参照
WSPという名前の異業種の有志チームで連載をしている。

異業種ということで、いろんなことをしてる方がおりまして
こんなイベントをやることになりました。

12月1日東京ライフハック研究会Vol.11 「これからの働き方」

<イベント紹介文から引用>
さて、1年ぶりとなります東京ライフハック研究会Vol11。
テーマは「これからの働き方をHackする!〜2020年、僕らのWork Story ~」です。
今回は私たちと同じく、日々現場で悪戦苦闘するビジネスパーソンが集まって結成されたチーム「Work Story Project(WSP)」とのコラボレーションでお送り致します。
ということで、興味のある方は、まずリンク先の紹介文を参照いただいて
是非是非、「申し込み」をクリックしていただきたいのですが(w

本投稿はそちらが趣旨じゃありませんで
上記の勉強会の準備として、コンテンツに関してメンバーで打ち合わせをしてて
参加者が、ぐりぐり書き込んで幸せな未来を描けるワークシートを作りたいよね〜、
なんて話になりワクワクしてるのです。

その打ち合わせの中で、自分の中で気づきがあったので
メモをしようと、ここからが本投稿の趣旨。前置き長し。

このマトリックスです。
マトリックスにするというのは、妙にすっきりする行為で
ある種のデトックスですね。


こちらでも書いている通り、2013年10月より
「問題発見思考」というBBTUの一年間の講座を受けています。

これはつまりは、会社依存度が低い(かつ社会的価値が高い)
スキルを身につけたいという選択

そして、それを社外のビジネススクールで習得しようとしているのは
あくまで現在の会社への生活依存度は維持しつつ
会社依存度の低いスキルを身につける手段として最適と考えての選択

これは、2012年、いろいろ思い悩み
こちら参照:ある30代会社員の人生の転機となった年のまとめ
異動やら、転職やらも考えたけど
所詮それは「現実からの逃走」でしかないじゃないか
ここで結果がだせないんだったら、どこ言っても一緒。
環境のせいにするのは簡単なのだ

でも、この時、転職なんてしていたらそれは
先ほどのマトリックスで言うと
「スキル会社依存度:高」のまま「生活会社依存度:低」へ行く訳で
それは生活レベルが下がる方向ですわ。失敗転職。

一方、自分の中で、何かしらの自信があれば
斜め右下の方向へ飛んでいくことも可能だったのかもしれないが
自分にはその前に「結果・成果」という自信が必要だったんだな。
というか、ここはまだ現在進行形で、必要なんです。

そもそもの会社がどうなるかも不安な昨今
家族もおります、いきなり会社を出るというリスクはテイクせず
不安のストレスから解放されるためには、
会社に依存しないスキルを磨き、会社で成果を出す。

これにつきる。とそれが自分にとってリーズナブルな決断だったと
そういうことか、と思ったのでした。

で、このマトリックスは勉強会のなかでは出てこないかもしれないですが
そんな、人生の決断や方針を気軽に考える機会になるかもしれない

12月1日東京ライフハック研究会Vol.11 「これからの働き方」

参加を検討してみませんか?www






ランキング参加中。よければポチッと


2013年11月3日日曜日

BBTU問題発見思考@単科が一ヶ月すぎました

BBTUの「問題発見思考」を単科で受講しはじめて一ヶ月がたちました。
簡単に今の所感などをまとめておこうと思います。

















BBTUの「問題発見思考」に関しては前回記事参照
=>一つの決断(MBA単科受講)そのプロセスを追う

<生活への影響/勉強量>

単科での受講なので、正直そこまでの勉強量ではない
標準学習ペースというのにのっとると

会社のお昼休みに印刷済みの講義資料にメモをとりながら
2倍速で講義の動画をみての勉強を1講義分(毎日x30分くらい)
週末は、復習+演習問題を解く(1時間くらい)
移動時間などに、ディスカッションのための掲示板を随時眺める
帰宅後の時間で、掲示板へのコメントなどの投稿(30分くらいか?)
程度でこなせる勉強量(週で7時間程度だろうか)

一つの講義映像は20分前後なので倍速だと10数分で見終わる。
なので、移動中なども復習は容易。

平行して何科目も受講している本科生と一緒にプログラムを進めるので
むしろ本気でやると、一人突っ走る感じになる。

全部で以下の数の講義動画があり
私は、標準ペース20に対して飛ばしている感じになっている。

 ▼基礎スキル講座
   視聴進捗 36 / 112 ◀︎いまココ(11/1時点)
 ▼市場分析・企業分析の基礎講座  
   視聴進捗 0 / 46
 ▼問題解決のためのロジカルシンキング講座
   視聴進捗 0 / 38
 ▼ビジネスコミュニケーション講座 
   視聴進捗 0 / 15

ということで、生活面への心配はいまのところなし。

*アプリの使い勝手などは以下のブログに詳しい
 システム全体を通して、とても使いやすいです。
=>BBT大学院のMBAコースに入学して1ヶ月半の感想

<内容に関して>

講義の内容は、これまでいろいろなビジネス書を読んできたので
目新しいことはそんなにないが、重要なポイント、講義として重きを置いていること
を繰り返し繰り返し、声と映像で伝えられるのでわかりやすいし
日々の生活・業務の中で否が応でも意識できる

特に今感じている3つのポイントは以下

・全体像をとらえる
・事実(Fact)ベースで考える
・物事は順序(流れ)が大事

ちなみに、先生は関西の方なので
ずーっと関西弁です。耳にのこるで〜w

・単科受講だとちょっと寂しい

本科生の人たちの意見交換のための掲示板ものぞけるのだが
今回は過去最高の海外からの受講生数らしく
中国、インドネシア、ラオスなど主にアジアからの
受講生がとても多い。

しかも、開講から一ヶ月たたぬうちにすでに
出張先@上海で、オフ会が開かれるなど
交流が活発だし、本科を受講しているだけあって
とてもバイタリティがあってすごい!と思うとともに
いいなー、とちょっと寂しさを感じる@単科生

また、私の受けている「問題発見思考」が
本科生は平行して受講しているビジネスケーススタディなど
別の講義でもそのまま生きていたりするようで
単科受講とはやはり「濃さ」が違うんだな、と感じる

また遠隔教育で、掲示板上の文字のやり取りだけにも関わらず
受講生同士も、同じ濃さの勉強量をともにこなしている
「仲間」という感覚が思いっきり醸成されており

個人的にこのポイントから本科か単科か悩んでる人がいたら
科を勧めるだろうな、と思います。
でも、勉強量は本当に大変だと思います

くそー、と思っていること

講義の内容に関して、投稿するディスカッションの掲示板で
投稿をするが、自分の投稿へは反応が少ない(爆)

別に、みんなの共感を得る投稿をすることが目的では当然ないのだが
ほかの人の投稿で、盛り上がっていたりするのをみると
やっぱり、ひそかに「くそー」自分もその輪に入りたい〜
と思えど、そこでの議論にはそこまで興味がわかなかったり
とどうも、気になるポイントがずれているようだ(猛爆)

<前回の記事>
一つの決断(MBA単科受講)そのプロセスを追う

ランキング参加中。よければポチッと



2013年11月2日土曜日

記事を寄稿して)今日とは違う明日をつくるために~「上司になる」を想像してみたその先に~

BizCOLLGE Premiumさんに寄稿した記事が公開されました。

ビジネス記事って読むけど、他の人ってどんなこと思いながらこの記事読んだのかな?というのに応えるような記事を目指しています。

これまでの記事一覧は以下にあります。
BizCOLLEGE Premium 仕事に役立つ記事まとめ
http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/biz-sellects

さて、今回の寄稿記事はこちら
 今日とは違う明日をつくるために
 ~「上司になる」を想像してみたその先に~
 http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/info/editor-info/20131029/000403


2010 Taco Time-RonSombilonGallery (130) / SOMBILON ART, MEDIA and PHOTOGRAPHY


実はこの記事は、以前書いた
 ビジネスパーソンよ大志を抱け! 
 ~思い込みが日本を救う?~
 http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/info/editor-info/20130801/000369

という記事の続編的な位置づけになっていて
大志を抱け!では、いっそ社長目指しちゃいなよ
と書いたのに対して

でも俺平社員じゃん(苦笑)ということで
では、平=>課長=>部長=>・・・=>社長
的なステップ論でいったときに、
じゃあ、まるっと上司という視点はどんなもんなのかを
ビジネス記事から学び高い視野をもっちゃお〜
という意図のもと書いてみたのでした。


It's hard, being a business man. / Banjo Brown


実際問題、結構ためになって
・いまの日本社会で、上司は上司の仕事をしていないケースがおおい
・自分が遣り切れない部分を部下にやらせる(=振る)はNG
・自分なりの答えは作っても、それは出さない
・上司は、新しい未来を作る

ってあたりはどれも、うなりました。
ちなみに、最後の記事の「自分より周りが優秀でいい」は
エバーノートのCEOフィル・リービンさんの記事を引きましたが

就活のころに読んだ、元GEのジャック・ウェルチさんの
「勝利の経営」の中で、学生ながら、う〜ん、なるほど〜
とうなった一説が、同じことを言っていたな、と思い出しました。



ということで良かったら、以下の記事の右上の「いいね」や「ツイート」してもらえたらうれしいですw

今日とは違う明日をつくるために
~「上司になる」を想像してみたその先に~
http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/info/editor-info/20131029/000403

しのジャッキーがこれまでに寄稿した記事関連の投稿は以下です。こちらもあわせて以下の記事の右上の「いいね」や「ツイート」してもらえたらうれしいですwww

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<寄稿記事>
How do you design yourself? 
~究極オリジナリティを発揮するには自分と向き合うところから~
http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/info/editor-info/20130917/000389

<裏話?投稿>

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<寄稿記事>
ビジネスパーソンよ大志を抱け! 
~思い込みが日本を救う?~
http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/info/editor-info/20130801/000369

<裏話?投稿>
ビジネスパーソンよ大志を抱け!
http://shinojackie.blogspot.jp/2013/08/blog-post.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<寄稿記事>
雲の向こうから、いや群れの中からお金がやってきた!
~クラウドファンディングはだれのもの?~
http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/info/editor-info/20130704/000353

<裏話?投稿>
まずは、世に出してみるということか。@記事を寄稿して
http://shinojackie.blogspot.jp/2013/07/blog-post_9.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<寄稿記事>
パラレルキャリアでミュージシャン?
~本業+副業がもたらす相互作用~
http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/info/editor-info/20130509/000324

<裏話?投稿>
パラレルキャリアでミュージシャン?記者?/メディアへ寄稿して
http://shinojackie.blogspot.jp/2013/05/blog-post_11.html


ランキング参加中。よければポチッと



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...