2013年6月23日日曜日

[読書メモ]良い悪いじゃなくて、どうありたいか、を考える。ということか@スタンフォードの私を変える教室

スタンフォードの自分変える教室を使って
実践型読書会(ソーシャルリーディングともいうのかな?)をやっている。



詳しくは以下を参照いただきたいのですが

 ゆるたま)アーリーアダプターのありがたさ@実践型読書会

要するには、Facebook上で、みんなで同じタイミングで読み進めながら、
わいのわいの良いながら読書しようという企画。

「第4章:罪のライセンス」

の章を読んだのだが、これは、身につまされるというか、
すごい考えさせられる内容で、ずーんときた。

章の副題が「よいことをすると悪いことをしたくなる」

様々な視点からの実験結果などをもとに、
上記の人間のわかっちゃいるけど、という性質が暴かれていきます。

例えば、私はこの本を読みながら「人の話を聞けない自分」
を変えよう。というチャレンジを掲げている訳ですが

妻の話を聞いているときも、
ついつい「これだけ聞いたんだから、もう話して良いだろう」とか
「これ以上はもう聞かなくても良いだろう」とか考えてしまう。

しかし、著者はこう一蹴する

”あなたがエクササイズや節約や禁煙を、自分の目標達成のために役立つからではなく、「正しい」ことだからやろうと思っても、恐らくその決心は続きません

モラル・ライセンシングのワナを避けるには、道徳上の問題と、単にするのが難しいことを区別するのが重要です。

〜中略〜 

多くの人はあらゆる種類の自己コントロールを道徳のテストのように考えます 

〜中略〜 意志力のチャレンジを道徳上の問題として考えてしまうと、私たちは自己批判に陥りがちになり、意志力のチャレンジは目標達成に役立つということを見失ってしまうのです。(p.136)”

そして

”モラル・ライセンシングがもとらすのは、つまるところアイデンティティの危機です。

〜中略〜

モラル・ライセンシングのワナにはならないようにするには、「ありのままの自分が最高の自分になることを望んでいる」のだと、そして、「自分自身の価値観に従って生きていきたい」のだと、しっかり自覚する必要があります。”

とまで言われると、何気なく掲げたチャレンジについて、深く考えてみなくてはと思わざるを得ません。まだ、前半戦。この後も楽しみな一冊です。じっくり10週間のプログラムを楽しもうと思います。



全然、話が違いますけど、「ありのままの自分が最高」というのから、以下の記事のことを思い出しました。一番最後のリンクの説明

”他人をライバルとせず、昨日の自分自身をライバルにして「自分史上最高」を目指すことができれば自分の成長を確認し、自信を持つことができます。”

昨日の自分より一歩前に~コンプレックスからエネルギーを生み出せ~
http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/info/editor-info/20130604/000340

ちなみに、上記は日経BPさんとの連載企画で、しのジャッキーも参加しています。
私の記事はこちら。よかったら「いいね」してあげてくださいw

パラレルキャリアでミュージシャン?
~本業+副業がもたらす相互作用~
http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/info/editor-info/20130509/000324

連載企画の裏話というか、は以下の記事を参照ください。
本連載は、ビジネスパーソンが記者になるというもので、
もしご興味があるかたは、

パラレルキャリアでミュージシャン?記者?/メディアへ寄稿して
http://shinojackie.blogspot.jp/2013/05/blog-post_11.html

⬇「いいね」ポチッとよろしくお願いします。

2013年6月22日土曜日

「ホンモノの人脈をつくるための4ステップ」に考える

ホンモノの人脈をつくるための4ステップ http://www.nikkeibp.co.jp/article/matome/20130614/354221/?top_matome 
って記事を見つけ最近の自分の活動を振り返ってみました。

いわく、以下がその4ステップ

【STEP 1】人脈の重要性を腹に落とす
【STEP 2】好奇心を持って、とにかく動く
【STEP 3】会を主催してみよう
【STEP 4】人と人とを組み合わせる

さて
【STEP 1】人脈の重要性を腹に落とす

とりあえず、人脈を作るということの優先順位をあげよ。とこの記事では言ってますが

しのジャッキーの場合は、バンドメンバーから30の誕生日プレゼントにもらった本田健さんの「30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)」を読んで自分にはメンターがいねー。と危機感をもったことが、人脈に関して真剣に考え出したきっかけでした。



【STEP 2】好奇心を持って、とにかく動く

メンターがいねー。と思ったので、それ以降、飲み会とかで、「メンターっている?」的なことを色々な人に聞くようになったのと、初めて社外のビジネス系の有料セミナーに行きました。それが、2012年の4月か5月くらいですね。

そのときに出会った同年代、同業界の方と仲良くなって、メンターにあわせてもらえることになったり、会社の同期にもメンターにあわせてもらったり、独立を考えてるだ!とか、実は異動するんだ。とか色々な情報や出会いがありました。

行動って大事と思う反面、この時に出会った二人はいわゆるネットワークビジネスに関わっていて、心痛い思いもしました。ビジネスモデルとしては、理解できるのですが、どうにも日本の風土にはあわないように感じますね。

【STEP 3】会を主催してみよう

人生の悩みを腹を割って話せそうだ!と思った交流に破局し、落ち込んでいるのもつかの間、転機となるイベントがありました。

それが、9/7,8に日経BPさんが主催したセミナーで、1.5日で 2.5万円という、数年前だったら絶対行こうなんて思わないセミナーへの参加でした。

ここでは、ポイントはセミナーのあとに立食パーティーがあったこと。漠然と人脈というものをめげずに作ることにもう一度チャレンジし、結果的には、

エレベータの「閉」のボタンをおしつつ、心の「開」のスイッチを押し、自発的に2次会を決行、そこから、異業種交流会「ゆるたまの会」を主催・運営していくこととなりました。

ここでのことは、以下に詳しく書いております
「つつある」今のLOG
http://shinojackie.blogspot.jp/2012/11/log.html

ゆるたまの会についてはこちらを参照
http://shinojackie.blogspot.jp/2013/06/blog-post_16.html

【STEP 4】人と人とを組み合わせる

そんなこんなで、きっかけ、会のコンセプト創りxメンバ信頼構築を通して人脈を広げていくことによる自分の可能性の広がりや、他人を通して自分を知る(客観視)ということをとても実感する毎日です。

そして、このSTEP4ですが「ゆるたまの会」では、会のメンバー数名に何かアウトプットすることをお願いするという形式で進めています。

このとき、全然関係ないようなテーマに見えても、発表者同士でのコミュニケーションを通して、そんな中でも、参加者同士のワークをどうやって盛り込んでいくか、それぞれのテーマのワークでどんな風にグループが盛り上がりそうか?といったことを話し始めると・・・

・このワークは、こう変えるとと次のプレゼンのこのワークの準備になりそう
・XXさんのプレゼンは最後の方が、あとの飲み会が絶対盛り上がる!
・アイスブレイクはこうしよう

と全く関係ないテーマに見えて、そこにつながりが見えてきたりして、これをもっと繰り返して行くと、人と人とのコラボが生み出すイノベーションみたいなのを体感できるし、創り出していけるようになるのかな?

というのを想像できるフェーズまで、自分をもってこれてるかなー。なんて思ったのでした。

2013年6月17日月曜日

解決しました★Bloggerに記事ごとに「いいね」ボタンがつけられない・・・


以下の「いいね」ボタンがつけられないの件

忍者ツールズさんの「おまとめボタン」
http://www.ninja.co.jp/omatome/
を利用することで実現できました。
個別にコメントなどいただいた方々ありがとうございました。

また、以下を参考にしました。

クリボウさんのブログ
Google+、Facebook、Twitter などのソーシャルボタンセットいろいろ
http://www.kuribo.info/2012/06/google-facebook-twitter.html

======================
どなたか気が向いたら助けてください。
以下のURLを参考に、各投稿ごとにFBの「いいね」ボタンを設置
しようと思ったのですが、どうしてもでないのです。。。

『Blogger』でFacebookの「いいね!」ボタンを設置するときに引っかかったポイント
http://katocpta.blogspot.jp/2013/02/bloggerfacebook.html

Bloggerのテンプレート編集画面が変わったからなのだろうか
テンプレート保存ってしてるんですが、なにも変わらない・・・

<以下変更箇所>
==================================
  <body expr:class='&quot;loading&quot; + data:blog.mobileClass'>

<div id='fb-root'/>
<script>(function(d, s, id) {
 var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];
 if (d.getElementById(id)) return;
  js = d.createElement(s); js.id = id;
  js.src = &quot;//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1&quot;;
  fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);
}(document, &#39;script&#39;, &#39;facebook-jssdk&#39;));</script>

  <b:section class='navbar' id='navbar' maxwidgets='1' #showaddelement='no'>

========================================

           <data:post.body/>

<div class='fb-like' data-layout='box_count' data-send='false' data-#show-faces='false' data-width='450' expr:data-#href='data:post.canonicalUrl'/>

            <div style='clear: both;'/> <!-- clear for photos floats -->

2013年6月16日日曜日

ゆるたまの会について

2012年の9月から、「ゆるたまの会」という異業種交流会を運営させてもらっています。ゆるたまの会のホームページを作ろうとはしているのですが、本ブログを書いていく上で、ゆるたまに関して説明するページが必要だな、と思ったので、書いておきます。

「ゆるたまの会」
https://www.facebook.com/groups/483723414985868/
<会のコンセプト>
社会人同士の交流を目的としたFacebookの非公開コミュニティです。主に中堅以上のビジネスパーソンが個々人のワーク・ライフをアウトプットし合うことをベースに

1)個々人のベクトルの向きを認識する機会
2)その強さを強める機会
3)定期的に軌道修正しながら改善・修正していく機会

を作り個々人の自己達成を相互に助け合うようなコミュニティを目指し、定期的な交流会、Facebookコミュニティ上での意見交換、を行っています。

<活動>
ゆるたまの活動は大きく以下の2つからなります

・アウトプット会(OP会)
ゆるたまのメンバーがアウトプッターとなり、仕事、関心、社外活動、趣味、etc
をアウトプット(プレゼン)会のコンセプトの1、2を実現する会。
1人の持ち時間はだいたい40分程度、頻度は2ヶ月に1回程度。
これまでのテーマの例:水、知財(特許)、人工衛星、読書会、企業理念、etc

普段の仕事の業務の中では、中々取り組めないことに取り組める
他業種・業界の人からのコメントが仕事のモチベーションアップにつながる
準備を通して学ぶことが多い
といったコメントが寄せられています。

・ゆるたま定例会

ゆるたまの会で準備されたシナリオフォーマットをもとに
自分の価値観の上にたった未来の物語(シナリオ)を持ち寄り、
共有し、ワクワクする試み。
グループワークを通して多様なフィードバックを受けることにより
シナリオにリアリティを付与させ具体的な活動に役立てます。
四半期ごと(3ヶ月に1回)開催することで会のコンセプト3つを実現する会

<参加するには>
ゆるたまの会のメンバーはFacebook上のお友達をゆるたまの会のメンバーに追加することができます。管理人が承認を実施することで登録が完了します。セミナーなどで知り合った方同士でゆるくつながっていくことを目的にメンバ追加いただくようなケースが多いと思います。

※もし本ブログを読んで、参加してみたいという方は、ダイレクトにFacebook上のゆるたまの会のページから参加依頼いただければと思います。

<名前の起源>
「ゆる」~いConnectionで明日を変えていくActionを生み出す「たま」ご(Innovation)を育んでいこう!

<生い立ち>
2012年9月7,8日に開催されたBizCOLLEGE PREMIUM特別セミナーをきっかけにゆりかもめ新橋駅近くの香港屋での懇親会で生まれる。

詳細はこちらに詳しい
「つつある」今のLog
http://shinojackie.blogspot.jp/2012/11/log.html

2013年6月9日日曜日

Give you Japan, Give me Englishに参加しました

日本にいるとグローバル化だ、英語力をつけなくちゃ
と思っても、使う機会がないんだよ!
と思ったことがあるはず

一方、街を歩いている時に困っている外国人の方を見つけて
「お、おれには話しかけんなよー」
なんて思いながらそろそろと横を通りすぎちゃった
という経験もあるはず。

異業種交流会で知り合った方が
とんでもないことをやっていた

Give you Japan, Give me English
https://www.facebook.com/GiveJGiveE

という名前の活動なのだが、
鎌倉の駅前で














このように、一人で一枚の紙と勇気とともに
外国人観光客にアタックを仕掛け
異文化コミュニケーションをゲットしようというもの

しのジャッキーは心意気に惚れて先日参加してきました。
異業種交流会「ゆるたま」のメンバーからも参加者があり
合計4名、梅雨入りしたけど恵まれた天気のなか開始。

大仏の行き方教えるぜ!
キレイなあじさいの場所教えるぜ!

という紙をもち、地図のまえで
プロのボランティアガイドの横でたむろす4人は
とても怪しくも、ちゃんとるるぶと地図をもとに
一生懸命、カフェ探しやレストラン探しに答えようとがんばった
※ちなみに、私は左から二番目


2時間弱の時間の中で
台湾人、フランス人、オーストラリア人の方と
半ば無理矢理の異文化コミュニケーションを果たしました。

最初は完全に迷惑そうにしていたフランス人の女性も
江の電まで案内し、改札を通る時は笑顔に

最後のオーストラリア人の女性の方は
地図も持たず、予約したホステル(?)を探している様子

行き先はどうやら、ここだったようなのだが
http://www.kamakuracentral.com/index.html

あまりにもアバウトな内容のメモしか持っておらず
しかも反対口の駅の地図を見ながら探しておられました。。。
ということで案内し、人助けもできて
ちょっと心が満たされたのでした。

興味のある方は、以下のリンクのトップページに「いいね!」
をすればイベントなどの更新時の情報をフォローできますよ

Give you Japan, Give me English
https://www.facebook.com/GiveJGiveE

2013年6月6日木曜日

ジャパングリッシュでいいじゃない

私の愛聴の書評podcast「ホンタナ」の話題なのですが

2013.4.9 解説の解説「生命とは何か」エルヴィン・シュレーディンガー
http://hontana.blogspot.jp/2013/04/201349_9.html

の回を聞いていて、
「ジャパングリッシュでいいじゃないか、がんばって英語を発信する日本人に対して、英語コンプレックスの裏返しか日本人自身が厳しすぎる。それが日本の英語発信力向上を阻害している。」

というような趣旨のフリートークがあって、すんごい共感。発音にしろ、文法にしろ例えば東南アジアの人たちの英語にはパワー、パッションがある。

こんなところでも不要なガラパゴスな見えざる壁が、確かにあるな〜。なんて日本の未来をちょっぴり憂いてしまった、しのジャッキーでした。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...