2013年2月22日金曜日

自分を変えるとは、アイデンティティを変えること?

よく何か自分を変えようと思うとき
・決意を硬くしてみる
・環境を変えてみる
そんな感じだと思う。

しかし、環境を変えるというのは実は一番インパクトは弱く
アイデンティティを変えることが一番インパクトがある
というコンセプトに触れる機会がありとても共感をした。

去年、自分にとって色々変化の年だったと感じるが
それって実は、
・子供が生まれて環境が変わった
という環境が変わったという考え方というよりは

・父親というアイデンティティに変わった

ことによって、自分の信念や観念、行動を変化させ
その結果自分の環境をも変わっていっているのではないのか?

先日「つつある今のLog」でも記載したように
昨年、子供が生まれたことで
改めて自分のキャリアプランニングに危機感を持ったし
自分の子供に対して恥ずかしくない大人にならなければ
という意識の変化が起きた。

そういったことが、
・社外セミナーへ参加
・異業種交流会の運営
・音楽活動のアウトプット化(自分ブランド化)
 ※参照:しのジャッキープロジェクト Facebook ページ
  トップページへの「いいね!」募集中です(#^.^#)

などの行動の変化を引き起こし
そのことが、周りの人や仕事の付き合い方など
自分の周りの環境をかえていっているのではなかろうか。
と妙に納得したのです。

はて、そこで思った最近のアイデンティティの問題。
ここ2~3年海外の仕事に携わるようになったが悩みがある。

お前はなんとなく海外ビジネスやってないか?
という問題だ。

本社側から、ある特定の現地法人のビジネスの支援をする
という立場なのだが、これは結構微妙な立場なのである。
というか、ある程度割りきりが必要なのである。
詳しいことは情報漏えいになってしまうので書けないですが・・・。

結局のところ、自分はその現地法人の人間として
一蓮托生だ!という当事者意識や危機感といったものを醸造しづらい
これはなかなかメンタリティ的にハードだったりする。

また、キャリアの積み重ねという観点でも
自分はどういう立場でキャリアを積むのかの覚悟も
実はできてないなと思ったのです。

つまり、海外をやっていく覚悟をどこかでしてないな、と
たまに飲み屋の会話とかで、上司から
「お前いっそさ、現地法人出向しちゃう?」
とか冗談でいわれても
覚悟がないので、なんとなく笑ってごまかすといった感じ。

海外のビジネスをやっている環境にいても
海外に行ってお客さんと会うという行動をしても
なかなか自分を変えるのは難しいのかも知れない。

それこそ、現地に出向で行き
現地の人間というアイデンティティの変化によって
信念も行動も環境も変わるのだろう。

そんなことを思ったのでした。
以下はそんな気づきをくれた記事に関して

===========
横山 信弘

自分を変える手軽な方法とポイント
という記事だったのだが

ニューロロジカルレベルという意識の階層モデル
という考え方があるそうだ。

1. アイデンティティ
2. 信念・価値観
4. 行動
5. 環境

「ニューロロジカルレベル」の研究によると、
上位レベルから下位レベルという流れの方がインパクトが大きいとされている。

たとえば「地位が人を作る」という言葉がある。
課長に昇格した途端、責任感が芽生える人がいる。
後輩ができたことで、もっと成長しようと意欲的になる人もいる。
これは環境が変わったからというより、アイデンティティが変わったからである。
というのだ。
これは、前回書いたとおり、
私も父親になるというアイデンティティの変化が
自分に大きな変化を起こしたと実感している。

記事では、アイデンティティを変えるのに
儀式を行うことが重要だと説いている。

儀式のポイントとして以下の3つをあげている。

・節目
小さい単位なら毎朝、大きい単位なら正月、誕生日などを節目と設定する。

・非日常の演出
「アウトフレーム」という言葉がある。日ごろのフレームの外へ物理的に出ることだ。非日常を感じられる場所へ移動することで、儀式の効用はさらに高まる。

・肩書きの修正
宣言文は「アイデンティティ」のレベルで表現する。つまり「私は何々をする何々だ」
 「私は何々をします」という行動レベルで言わないところがミソ

しのジャッキーの場合は何だろうか?

ビジネスサイドでいくと
「私は、現地法人とビジネスを作り出し育てていく営業マンだ」
かな?

趣味でいくと
「私は、Facebook上で、毎日おすすめ曲紹介と、毎週演奏動画をアップするミュージシャンだ」
でしょうかw

文章にしてみるってのは面白いですね
皆さんはどんなアイデンティティ宣言ができそうですか?

2013年2月19日火曜日

(セミナーメモ)イノベーティブな協調力とは/佐倉統

2013年2月16日に以下のセミナーに参加しましたので、メモを残します。

佐倉統(東京大学大学院情報学環)
イノベーティブな協調力とは?
生命科学考える未来のソーシャルキャピタル
<最初に感想>
チームづくりというキーワードに対して、生物学者がどのような講演をするのか興味がわいた。

前半戦は、生物の進化についてから話を始めて、チームづくりの必要性を説き、チームづくりの方法論に関するブレストおよび、ブレストで出てきたアイデアを生物学と絡めて発展させていく手法を盛り込んだグループワークをやるという流れ。

全体的に時間が足りない感が強かったが、ブレインライティングという手法は社会人同士の自主セミナーなどでも活用できる手法かなと思いました。

面白いな。と思った言葉


「環境が与えられてかわるだけではなく、環境を使う視点も必要」


<では、詳細レポ>

・生物進化3つの教訓

1.方法はひとつではない
カエルの例。オスガエルはメスガエルをGetするためには
声がでかいをでかくするやつもいるが、
直接アプローチをはかるやつもいる。

2.ピンチはチャンス
人間がいい例。豊かな環境 vs 厳しい環境
人間は豊かな森という環境では負け組で
サバンナに出て行って進化した。

3.仲間とつながる
実は、人間は相手に親切にすることが心地良いよいに進化している
人間だけではない。新しい形質が単独で増えることは非常に難しい
そのため仲間を少しずつ増やしていく(しきい値を超えたら一気に多数派になる)
つながるか、死か。なのだ

・では、本題
日本の社会は個は強いが、社会(制度など)が弱いのか?
異業種交流会がすごいよかった!という話は聞かない。
飲み会は楽しかったりしても、その後役に立つことはあまりない。

では、実際に役に立つ、つながりの作り方
離ればなれになったあと個々がつながり続ける方法って?

・グループワーク1
役立つつながりを作る方法に関するブレスト
ここで、グループワークをするためのブースにあらかじめ決められた
グループで移動。ブレーンストーミングが行われた。

私のグループのブレストのメモがこの写真


6人グループだったのだが、口火を切ってくれたのは
寡黙な柔道家という出で立ちの男性。

行動を起こすこと。PassionとVisionがあればからなず応援者が現れる。

しのジャッキー「では、具体的な行動の例ってどんなのがあるでしょう?」

例えば、アイデアを話すこと。企画書を作ってみること。

年配の男性
「私はね。実は悩んでいるんですよ。会社や自分のグループにとっては良いと思うことでも、他のグループや関係する他社にとっては良くない場合もあるでしょ?
そういった場合に、どうやって自分のPassionを強く持ち続けるためにセルフモチベートしていけばいいんでしょうね?

しのジャッキー
「自分をモチベートするだけでなく、相手の心にもPassionの火をつけるような行動が必要なのでは?例えば、相手にとってどのようなメリットがあるのか、そういったことを伝えること、考えることが必要」

メディア系企業勤務男性
「関係する人たちの間でのVisionの共有が必要」

女性参加者
「はなれてしまってもつながる方法ということだったが、個人でつながるツールというとFacebookやtwitterなどあるが」

しのジャッキー
「最近、ビジネスの関係で、つながりを作ろうと思っても難しくて、一歩踏み込んだ公私混同的なコミュニケーションの必要性を感じている。それをある程度出していかないと、Facebookなどでつながっても発展性がないのでは?」
※注:しのジャッキーの最近のテーマ→こちら参照

メディア系企業勤務男性
「中国では、飲みニケーションがビジネス上でも大変重要だという」

IT系企業勤務男性
「そういう意味では、お互いの共通点、好きなことや趣味などでつながることも必要」

======といったあたりで、タイムアップで、セミナーへ戻る

・進化に必要な要素
進化は、
1)遺伝的変異の供給、2)様々な変異体の中から環境に適応した性質が増えていくという二段階の自然選択のメカニズムで多様性と定向性、両方が必要

平家蟹は、甲羅が人の顔に似ているものは逃がされて生き残ったという人為的な進化(?)の例。

アイデアも同じメカニズムで進化する。
つまり
1)情報の変異の供給(さまざまなアイデアの供給)
2)違う環境への適応
の2つの要素で進化する。

・グループワーク2
シナリオを考えるブレインライティング

ブレインライティングという言葉は初めて聞いたが要領は以下だ

方法:3列x5行のマトリックスの1行目に
ブレストの中で出てきた中で気に入ったものを3つ記載して隣の人にまわす
隣の人は、それを進化・発展させる。というもの。

これはつまり、自分が出したアイデアを
違う人の脳みそ=違う環境に適応させ、
その別の環境から変異を提供させる進化手法ということだ。

しのジャッキーの実際のワークシートが以下の写真。



1行目がしのジャッキーがグループワーク1のブレストででてきたキーワードの中から選んだ3つ。

・公私混同
・セルフモチベート
・相手のPassionに火をつける

これらが、2~6行目と、残りの5人のメンバーが自由にアイデアを広げていったものだ。

・公私混同に関しては
上司と飲んで仲良くなろうという流れへ発展

・セルフモチベートに関しては
目標を、1日単位の行動に落とし込んでいくことが重要という流れへ発展

・相手のPassionに火をつける、に関しては
これが一番面白くて、みんなの意見が割れた感じで

-相手のことをよく見るようにする
-自分を犠牲にして何かやる
-相手の立場になってみて行動する
-相手の立場になりすぎず遠慮せずに自分の要求をいう
-自分も相手もPassionを持ち、軸を大事にしつつ、尊重し合える関係性

・最後は、簡単な発表会

他のグループでは
・お笑い力を評価する
・サンバをやる
・会社をおこす

ぐいっと、進化(突然変異?)したものもあったようだ。

「環境が与えられてかわるだけではなく
 環境を使う視点も必要」

という佐倉教授の言葉が一番、思わされるところが大きかった。
今、自分がおかれている環境に不平不満や、不幸だったといってもしょうがない
その環境をどのように使っていけるか、逆境であるなばどのようにしてバネにするか

そういった視点の持ち方で、人生だいぶかわってきそうだ

以上
しのジャッキー

2013年2月3日日曜日

公私混同の再定義(2)/JAMSTEC 高井研講演

前回に引き続き「公私混同」ついてです。
やっとセミナーメモ。
参加したセミナーは以下のセミナーです。

=============
2013年1月26日(土)14:50-16:30 信頼とは何か?〜コネクション力を体得する〜
http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/percept/methodology-for-thinking/20121219/000231


■日時
2013年1月26日(土) 14:30-16:30

【講師・プログラム概要】
■時 間 14:30~14:50(20分)
■講 師 高井研氏
  (独立行政法人海洋研究開発機構プログラムディレクター)
■タイトル 先端を走るための人間力とは?
 ~世界のトップランナーたちを結びつけるもの

■時 間 14:50~16:30(100分)
■講 師 藤原和博氏
  (東京学芸大学客員教授、元杉並区立和田中学校長)
■タイトル 信頼とは何か?
 ~コネクション力を体得する

■会場
日本経済新聞社 茅場町別館カンファレンスルーム
=============

前半の高井研という方の講演がとても「熱くて」よかったのです。
特に、目指すはグレートなサイエンティストであって
別にノーベル賞をとったとかそういうのには興味がなく
学生が図書館で、自分の論文をみて
「すげー、研究してるやつがいるな!」
と思われるような科学者になりたい。
と語る姿はとってもかっこよかった。

そんな彼のセミナーメモから

「先端を走るための人間力とは?」
高井 研 /JAMSTEC

今回のセミナーは「信頼」がキーワード。
税金で研究しているわけなので、国民の信頼の基に研究をしている。
そういったところにコンセプトとの接点を見出して
今回のセミナーに臨んだ。

スライドを現在のJAMSTECのトップを映し
JAMSTECの現在のトップは研究者出身。
これまでは文部省の天下りばっかだったが
いまは、ちゃんとやっているw
JAMSTECは世界一船を保有している研究所と紹介


ここで、夢が語られた。
グレートなサイエンティストになりたい

そもそも、生命科学をやっているわけだが
命ってなに?生命、生物って?
という問いにぶち当たるのだが
やっとそういう問いにぶち当たるレベルまでこれた。



ポールゴーギャン
我々はどこから来たのか、我々は何者なのか?我々はどこへ行くのか?
大体、お偉い学者さんたちは、この絵を持ち出してきて
生命に関して、生物に関して、研究するとはこういうことだ!
と説明しだすが、こんなんじゃだめ
と一蹴。(しのジャッキー補足:非常にユーモアもあり、テンポもよく話す方で面白い。)

ここで、谷川俊太郎の詩をスライドに映し出したのですが
名前は失念。。。

また、以下の書籍も紹介されました。

 生命とは何か/シュレーディンガー

ここで、視点を転換。
高井さんが学生のころは、大学受験失敗組みは大体
アメリカなどに留学に言った。
名目は「自分探し」

だけど、これって意味がなくて
「自分」が何か分からないと自分探しもできない。と
生命科学だって、生命が何か分からないと
なにも分からないといいたかったのだろうか?

ここで高井研さん自身の興味に関して紹介された。
ハビタビリティー、生命と非生命の境界線を知りたい
そうすれば、別の惑星に行ったとき
そこに生命が住めるかどうかだってわかる。

実は、生命の存在条件は縦軸電圧、横軸電力で表せる
つまり生命はエネルギーで支配されていることが分かっている。
さらに、地球上で温度やph、圧力、などなどの極限環境に対して
どのレベルまで、生物が存在しているかのマッピングを表示
結構、ひどいところでも、生物は生きている。。。

これまでの仕事、プロジェクトは
ちきゅうのプロジェクトだって企画から10数年かかっている
根気が必要な仕事をずっとやってきている。

そして話は地球を飛び出した。
土星衛星エンセラダスは、水を宇宙に向かって
ぶしゅーっ!と噴出している。
その水を、はやぶさみなに、回収して持って帰ってくれば
そこに生物がすんでいるのかどうか調べることができる。
500億円あれば土星の衛星エンセラダスに行って帰ってを12年で実現できるけど…
実際問題は、費用を工面するのになんやかんや苦労して
30年はかかる覚悟をしているけど、自分が生きているうちに実現の可能性がある。
やりたい。

ここで、仕事に取り組む姿勢が示された。

我々の仕事は生活の役には立たないから、
世界最強、世界制服を掲げる必要がある。

一点突破

それを続けるには

美しい理念
エモーショナルな目標
ファンを飽きさせないサイドストーリー、サプライズ、サイドビジネス
を作り続けていく必要がある。

待ち受ける数々の障害
とにかく投げださない、諦めない
延長戦でも良い


断固たる決意が必要なんだby.安西先生

耐え忍べば勝てるというものではない
勝てる、できると思わせてくれる励ましが必要
なでしこJAPANは日本はできるという想いを教えてくれた

最後に会場に対するメッセージとして
再度、漫画からの引用でしめた。

「リーダーとは?」

曹操曰く
「国の王とは自分も食べたことのないようなものを思い浮かべてしまうものなのだ。
 で、それからその味を作るため様々な食材をかき集め
 ときには全く新しい調理法編み出していくのだ」

ここから汲み取るべきは、リーダーといわれるような人は
常に、考え続け、思い浮かべた「あるべき」と思う方向に向けて
決断をし次の行動を起こしていかないといけない。

とそういうことなのでしょう。
はて、おそらく、このセミナーを聞いた人も、このメモを読んだ人も
ぜんぜん、公私混同と関係ないじゃないか、と思われるでしょう。

ただ、公私混同に関して、悩みを抱いていた自分としては

プロジェクトを継続していくために
しかもそれが、10数年と継続し続けなければいけないようなもので
ファンを増やしていき、出資者をつのり、やっていくことは大変なこと。

科学者としてプロフェッショナルなだけでなく
「高井君がいうなら、しょうがないな、一口のるよ!」
といわせてしまうような人間力で人を巻き込み続ける能力があるからできるのだろう。
それが、彼をグレートなサイエンティストにするのだろうと思ったのです。

そしてそこには、仕事上としてのドライな関係だけでは
絶対作り上げられないものがあることが容易に想像できたのでした。

第3回に続く。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...